優先調達法 トピックス その1


障害者優先調達推進法について、これまでフェイスブックに書いた短いトピックスを、少しだけ加筆して、これからHPに順次、掲載していきたいと考えています。その1回目です。

障害者優先調達推進法を使って仕事を得るために必要なことは、市町村などのお客さまが求めていることを的確に理解し、それを障害者の就労を通して実現する解決策を見つけることだと思います。

それを見つけるためには、発注元の公共機関の障害者担当部局との緊密な協力関係も大切になるでしょう。とりあえず、それぞれの市町村で優先調達法について、どのように取り組む予定なのか、聞くところから初めてみてはどうでしょう。また、その緊密な関係は地域の障害者施設などのネットワークづくりとからませることも大切なことだと思います。

そして、障害者施設などに仕事を出してよかったという結果を導かなければ、仕事は続いていきません。

もちろん、単独でできないことは多いので、地域でのネットワークの力をどう引き出せるかが重要なポイントになるのではないかと考えます。

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です